大安売りの個性を提供するほど死にたさが募る

完全自殺マニュアルという本がある。タイトルとは裏腹に、この本はあからさまに自殺を奨励している訳ではない。
むしろ、自殺を食い止めるような役割を果たしている側面もある。
実際に手に取り読んだ人の間では賛否両論が巻き起こっているようではあるが、現実的に考えて「生きていかなければいけない」という強迫観念を植え付けられるのはそれはそれで酷な一般論だ。
読者の中には「いつでも安心して死ねる」というセーフティネットの役割を果たしているという意見もある。
93年に発売された同著は、何かこう、得も言われぬ「強迫観念からの解放」的な意味を読み手に突き付けているようにも思う。
人生のある一定の時期を境に、人は他人に対して「無理して生きろ」とまでは言わなくなる。
それこそが不変の答えであって、敢えて「こんな死に方もあるが、やれるものならやってみては?」と過激な提案を推奨するというのはある種、斬新なショック療法とも捉えることができるのかもしれない。

核廃絶の努力についての勉強をしていました

核廃絶について勉強しました。核保有国は、侵略されれば核兵器で報復するという意思を示すことで、他国からの攻撃を防ぐことができるという核抑止論の考え方に立っています。1963年に部分的核実験禁止条約(PTBT)、1968年には核兵器拡散防止条約(NPT)に調印しました。1969年、米ソ間で戦略兵器制限交渉(SALT)が開始され、合意に達しました。しかし、SALTも核兵器の上限を規制するのみで核兵器を削減するものではありませんでした。1985年、ソ連にゴルバチョフ政権が成立したことにより、世界ははじめて核軍縮の方向に向かい、米ソは1987年に中距離核戦力(INF)全廃条約、1991年に戦略兵器削減条約(STARTー�T)、1993年にSTARTー�Uに調印しました。1996年には、地下核実験を含むすべての核爆発実験を禁止する包括的核実験禁止条約(CTBT)が国連で採択されました。一方、アメリカはミサイル防衛構想を進めています。核について勉強して、いつか核が無くなる世界になったらいいなと思いました。銀座カラー 予約

手土産を持たせる工夫もしております。今後、どうなることでしょう

 本日は、数週間前に知り合うことができたタピオカドリンクバーで働く女の子との初デートに失敗をした日の次の日です。彼女がアルバイト終わりに時間が出来るので約束をしていたのですが、さて、どこかに行こうかという直前になって、「お母さんとの約束が入っちゃってすいません」と言われました。デートがしたくなくて、理由をつけて、断ったのか、それとも、本当に用事が入ったから断ったのか、本当の理由については、分かりません。本当の理由が分かったところで、どうすることもできないのですが、今後も断られ続けると、もしかすると、やはり、私とお付き合いをしたくないから断っているのかなと思ったりします。
 「お付き合い」や「デート」という表現をすると、彼女には、彼氏がいないのだろうとお考えになる方もいるかと思うのですが、彼女は彼氏持ちです。ただ、彼女の方から「ブラブラして遊ぶくらいならいいですよ。」と言われたので、企画をしたデートでした。
 次につながるように、手土産を持たせる工夫もしております。今後、どうなることやら。