乾いたタオルはNG! 汗は濡れたタオルですぐ拭きましょう

暑さが感じられるようになると、制汗剤を使い始める方もいるでしょう。

厄介な汗と皮脂が混ざり合い作られる皮脂膜は、肌を保湿し、外部の刺激から肌を守る役割があります。 

暑さによってたくさんかいた汗は、汚れた皮脂膜や不要な角質を除去してくれるアルカリ性になります。

きれいな肌を守るために汗は不可欠ですが、長時間付着したままにすると、空気中の塵や埃によって、肌荒れや臭いのトラブルに繋がります。

汗をかいたら長時間放置せず、流水で洗い流すことが、肌のトラブルを防ぐ最も効果的な方法です。 洗い流せないときには、すぐ水で濡れたタオルで拭き取ることが大切です。

乾いたタオルで拭くと、汗に付着しやすい埃や、汗に含まれているナトリウムなどのミネラルが皮膚に残ったままになり、肌が痒くなったり、赤くなったりする原因になります。

濡れたタオルで拭いたあと、保湿剤を塗ることをオススメします。 保湿剤によって発汗してしまう方は、発汗しない種類を選びましょう。

汗をかいたら、すぐ拭き取れるように、濡れたタオルを持ち歩くことを心がけ、拭き取ることを常に意識し、肌のトラブルを未然に防ぐようにしましょう。ベルタ葉酸 販売店